小窓の獣人
獣人で水彩画
メイキング

水彩メイキング『曖昧な輪郭』

続きましたね。第二回水彩メイキングです☆という訳で今回は狐さんを描いていこうと思います。

テーマは『メリハリ』です。水彩特有の「ぼやぁっ」とさせるところはあまり触らずに「ぼやぁっ」とさせて、「はっきり」させるところは描きこんで「はっきり」させます……

ラフ

「左目のあたりをくっきり描いて、後はぼかす」というイメージが頭の中で大体出来上がっていたので、ラフもだいたいざっくりです。

まぁ、こんな感じですね。

画像では全く分かりませんが、途中まで線の濃さは顔の左右でだいたい同じでした。左半分だけ練ゴムを転がして薄くしてあります。

こういう時『練ゴム』があると便利です。均一に薄く消すことができるのと、何より紙を痛めることが少ない、そして何と言っても消しカスが出ない!

……優秀です。ネットでも画材屋さんでも100円くらいで売ってあるので、ひとつ持っていてもいいでしょう。硬さやねちねち度がメーカーによって違うのでそのあたりはお好みで……

余談ですが、絵画教室のお試しで描いた僕のデッサンが、先生の手によって練ゴムでがっつり消されたのはいい思い出です。練ゴムの利便さに気づかされた一瞬でしたね……。

着色

はい!練ゴムの話をしているうちに『色』置いちゃいましたね☆

そして普通の狐だった予定が、いつの間にかワイシャツ着てますね。獣から獣人になる瞬間です。……大好きです。

ちなみに左上のにじみは意図して滲ませたわけではありません。色を置いているうちに絵の具がはみ出していきました。

はじめは消してしまおうと思ったものの、今回のテーマ的には残しておいた方が良いかもしれないとそのままにしてみました。

いい感じに広がってくれたので良しとします。

ペン入れ&塗り重ね

一回目の塗りで「もう少しくっきりさせたいな」と思ったのでインクで描きたしました。主に左目と鼻と左耳のあたりを……。

色を塗り重ねて右の写真になるわけですが……三回目くらいでしょうか?その過程がないのは僕が写真を撮り忘れたからですね。ごめんなさい☆

「もう少し存在感をはっきりさせよう」と言う思いつきで青色で滲みを作ります。

左が色を置いた直後、右が完全に乾いた後の写真です。左の写真から想像もつかない感じで滲みましたね。これも水彩の醍醐味のうちの一つじゃないかと僕は思います。

完成

色々いじって完成です。

『色々』ってなんだよ!

と思われる方もおられるかもしれませんが『色々』は『色々』です。ふふふふふ……

今回はイメージしていた通りに描けたような気がします。

おまけ

下アングルから撮りました。

不細工ですね

という訳で今回の水彩メイキングもとい制作記録はこれで以上です☆

お付き合い頂きありがとうございました!

ABOUT ME
yamakikei.
名古屋に在住、イラストレーターになりたい26歳。あと猫にもなりたい。
スポンサーリンク