小窓の獣人
獣人で水彩画
メイキング

水彩メイキング『 my heart 』

こんにちは、山木京、です☆

この記事では先日描いた『 my heart 』の制作過程と使用した画材などを紹介していこうと思います。

それではさっそく……

題材探し

何を描こうにも頭の中に題材が無いと描けませんよね

僕は先日の 中秋の名月 を見逃しました

「月……………………と狼だな」

月=狼。安直ですね

いつもこんな感じで題材が決まります

ラフ

題材が決まれば頭の中のイメージを紙の中に落とし込んでいきます

……と言っても何も見ずに狼を描けるほど「狼」を描き慣れていないので、ここは写真に頼ることにします

そんな時に便利なのがこちらのサイトです。

Pixabay

検索すると著作権フリーな画像や映像 がずらっと出てきます。

今回のモデルさんです。イケメンですね

今回使った鉛筆さんです。イケメンですね。

パソコンの画面を見ながら鉛筆で薄ーく描いていきます。

似てる、似てないはこの際置いておきましょう。

この時注意したいのは、強く線を引かないことでしょうか。強く線を引いてしまうと、紙に跡が残ってしまい、絵の具がその溝に溜まってうまくにじまない。なんてことが起こります。

まぁ……こんな感じで……

下書き

ラフの形がだいたい整ってきたら下書きに移ります。

僕の場合、鉛筆だけで下書きを済ませてしまう時と、ペンで下書きをする場合があります。

いつもその時の気分ですね。

鉛筆だけで済ませた方が水彩っぽい、ぼかしが生かせると思います。逆にペンでしっかり描きこむことで、対象をはっきりと際立たせることができます。

なんとなーく、ですが……

「部分的に強調させたい」「目立たせたい」という部分をペンで描くといいかもしれません。

今回はペンで下書きをしていきます。

使ったペンとインクです。

インクは『証券用』を使用します。水彩で使う場合は間違っても『製図用』は使わないようにしましょう。『製図用』は耐水性ではないので、これで描いてしまうと後々大変なことになってしまいます。

では、ガリガリ描いていきます。

はい、こんな感じでしょうか。

この時も写真を見ながら描いていきます。

「9見て1描く」を目指します。

某漫画の先生が言ってました。

水張り

インクが乾いたら水彩紙を水に浸して暫く放置します。

水の滴るいい狼ですね。

いい感じに紙に水がなじんだら、クリップで板に張り付けます。

こうすることで色を塗るときに紙が水でたわんでしまう事を防ぐことができます。

「水張テープ」を使うという手段もありますが、こっちの方が手間がかからないので楽です。

そもそも水張りをしなくていい『ブロックタイプ』の水彩紙もあります。ご参考までに……

下塗り

水張りした紙がある程度乾いたら、いよいよ色を塗っていきます。

使用した絵の具はホルベインの透明水彩絵の具です。

あとパレットと太い筆と中くらいの筆とほっそい筆です。

汚いパレットですね。

順番としては『明るい色』→『暗い色』の手順で塗っていきます。

早速ですが一番最初の工程を撮り忘れました。黒を塗る前に黄色と橙を全体に塗ってます。

ちなみにこの時の色の塗り方は絵の具を「塗り広げる」と言うよりは絵の具を含んだ水を『置いていく』感覚に近いです。

下塗りが乾いたらどんどん色を置いていきます。

この時に何種類か色を混ぜておきます。そうすると『水彩っぽさ』が出るかと思います。今回は背景の黒に青系の色を数種類混ぜてみました。

色の混ぜ方には

  • パレットの上で色を作る
  • 紙の上で色を混ぜる

の二種類です。個人的には後者の方が好きですが、自分の好みに合わせて使っていきましょう。

描きこみ

下塗りが乾いた瞬間が一番好きだったりします。

この後はひたすら色を塗っていきます。

はっきりさせたいところは水を少なめに……

ぼかしたいところは水を多めに含ませて……

水彩画にはいろいろと技法がありますが、それはまたの機会に☆

塗っては乾かして、塗っては乾かしてを気が済むまで繰り返します。

ここで唐突な目の塗り方のご紹介

瞳孔の周りに色を置きます → 水でぼかします

以上!

後は色々整えて……

完成です☆

完全に乾いたらスキャナーでデータを取り込んで、画像編集ソフトで色調をいい感じに整えます。

左がiPhoneで撮影した方で、右がパソコンで加工したものです。

原画と取り込んだ画像は少し色合いが異なるので、ペイントソフトの力で原画に近づけます。

ちなみにペイントソフトはGIMPというフリーソフトを使用しています。無料っていいですね☆

額装

100均の額縁ですが額装してみました。

額装してみると割といい感じ……。

まとめ

というわけで「なんちゃって水彩メイキング」は以上です。

本当にただの制作過程なようなものですが、何かの参考にでもしていただけたらなと思います。

ABOUT ME
yamakikei.
名古屋に在住、イラストレーターになりたい26歳。あと猫にもなりたい。
スポンサーリンク